塩基性カラーとは一般に言われるトリートメントカラーのことです。

主な成分はHC染料と塩基性染料です。メラニン色素を壊す働きはしません。

塩基性カラーの名のとおりメインは塩基性染料です、
特徴は塩基性(アルカリ性)であり+の電荷を帯びています。

毛髪はダメージすればするほどマイナスに傾いていきます。 ですので塩基性染料はダメージした髪によく吸着します。

ブリーチした髪に相性がいいとされるのはこのためです。

HC染料のほうは電荷はもちませんが分子料が小さいため、毛髪内部に侵入します。 しかし強い吸着のメカニズムが無いため抜けるのもはやいとされています。
塩基性カラー内の役目としては様々な色調をもたせるための補助として使われています。

表面に吸着するだけなので一般的に退色は早いとされています。が個人的にはブリーチを繰り返している髪や、もともと傷みやすく退色が早い髪などには、しっかり吸着する分ほかのカラーよりむしろ色がよくもつ場合が多々あると思います。


*プラスの電荷を持つためトリートメントに混ぜることができます。(トリートメントのなかに塩基性カラーを混ぜて製品化しているので、トリートメントカラーとして出回っているのではないかとおもいます。)

*髪をリフトアップ(明るく)する力はありません。

*電荷の性質上リタッチ(根本付近)など、健康な髪に塗布しても染色力はほとんどありません。

*痛んでいる髪ほどよく染色します。

*マニキュアと違いアルコールを含まないのでマニキュアよりさらにダメージがすくないです。
また表面に吸着するだけなので、マニキュアより退色は早いとされています。

*マニキュアのように、彩度高くビビットな色を表現できます。

*地肌についても比較的容易に落とすことができます。

*染め上がりの感触はトリートメントと表面コートのおかげでかなりいいです。