ハイトーンカラーのダメージを抑制する~PLEX系

最近ハイトーンカラーやブリーチの際に使用する「~PLXE」系のトリートメントが増えてきました。

アニャヘアーでももちろん使っています。

自分新しい物好きなんでw

こちらの成分10年くらい前からつかっています。美容師向けに製品化されたのが最近なので本当に出始め時期だったとおもいます。
当時から普通に使っていた原料なのでアニャヘアーでは特に料金プラスをしていません!!(いまさらこれでお金取れません(ToT)ゞ)

使った感触は確かに手触りいいです!!(濃度薄いのはだめです)
髪質によってはダメージを感じないレベルのときもあります。
ただしダメージをしてないわけではありません、一ヶ月二ヶ月と経つとやはり感触は落ちてきます。

実際のダメージ具合はブリーチ使用時でライトナー(普通のカラーの一番明るいやつ)くらい
普通のブリーチをしないハイトーンカラーの場合は9トーンカラー(明るめの茶色)くらい

もっとざっくり言うとダメージ半分くらいw

アニャで明るいカラーをする場合は「ダメージ半分くらい」は期待しといてください。

メーカーによってはダメージ95%OFFとかノンダメージでブリーチができるとか宣伝してるものもありますが、しばらく使い続けた感想としては、これは言いすぎだと思います。
使った直後は確かにつるつるですが、経時変化である程度のダメージはでてきます。

当時は主に毛髪表面付近に作用する成分でした。今は毛髪内部にも期待できる成分がでてきています。
当時からすばらしい感触を付与する成分との認識でしたが、開発から時間が経ちやはり進化してきています。
アニャでは当時からある成分(ラネスー40マレイン酸Na/スチレシスルホン酸)と最近あがっている成分(ジカルボン酸)この二つを主につかっています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です