アルカリカラーと酸性カラー(永久染毛料)

アルカリカラーは従来から存在する基本的なカラーですが、現在毛髪をリフトアップ(明るく)することができる唯一のカラーです。

アルカリカラーの中には大きく分けて、染料と、明るくするためのブリーチ剤にあたるものがはいっています。
(ブリーチ剤は髪を金髪にするブリーチにだけではなく、一般のカラー剤にも含まれているのです。)

アルカリカラーで髪を染めると、まずブリーチ剤の働きで髪が明るくなります。そして少し遅れて染料が髪を染めます。
この染料の色味で髪をピンクにしたり青にしたり髪色を変えることを可能にしています。

また、金髪にする方の一般的なブリーチもアルカリカラーの分類になります。
こちらは染料は入っておらず、大体の製品が薬事法ギリギリまでパワーをあげていっきに金髪までもっていくリフト力を確保しています。(パワーが強いので染料を入れたとしても、混ぜた時点で染料がブリーチされてしまいます。)

(アルカリカラーは1剤と2剤を混ぜてから使用しますが
おもに1剤の中にはアルカリ剤と、ジアミンや直接染料などの染料が、2剤の中には過酸化水素が入っています。)

アルカリカラーでなくては髪を黒以外の色に変えることはできません。(白髪は除く) 黒髪の上に黄色や茶色の染料をのせても人の目には黒として映りますので、
しかし髪を明るくする原理は、アルカリ剤で過酸化水素を活性化させ、それによってメラニンを破壊することです。
メラニンとはそもそも髪に必要な組織の一つです、破壊すれば当然それはダメージです、そしてアルカリ剤はキューティクルを傷つけCMC(油性分)を流失させタンパク質も破壊します

ここまで髪に悪いことを理解していても、現状では髪を明るくするためにアルカリ剤と過酸化水素にたよるしかありません。
ですので、根元にアルカリカラーはつかいますが、リフトアップは必要最低限にとどめることが綺麗な髪を維持するコツになります。

そしてアニャでは、リフトアップが必要ない中間~毛先にはアルカリ性ではなく酸性の薬剤(永久染毛料)を使います。
アルカリカラーの中からアルカリ剤を抜いた状態です。(リフトアップの必要が無いため過酸化水素濃度も薄くします。)
アルカリ剤が存在しないのでキューティクルを浮き上がらせることもなく油分やたんぱく質の破壊や流失も最小限にとどめることができりのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です