デジタルパーマとは

デジタルパーマと従来のパーマの違いをまとめておきます。

結果としては、緩いパーマでもリッジが出やすく艶が出やすい。

ミディアムからロングの方で、毛先のほうにカールが欲しい方におすすめです。

で、もう少し掘り下げると従来のパーマは濡れてるときにウェーブが強くでて、デジタルパーマだと乾いた時に強くでます。

従来のパーマで緩くかけると、濡れてるときはいいですが乾かすとなくなってしまいます。
デジタルパーマで緩くかけると濡れてるときより乾かした時にカールが強くでます。

こんな理由から、大きいロッドでパーマをかけるとき、ダレずにリッジがあり立体感のあるスタイルがつくりやすいです。

もちろんロッドを細くすればグリンと強いパーマも可能です。

ただしデジタルパーマはロッド自体が熱くなりそれを利用してパーマをかけますので根本付近にはかけられません。

もっと根本、中間からカール(動き)が欲しい方にはエアウェーブをお勧めしています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です